バイカーの…おしり
こっそりと帰郷ちう。。。w
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
紀伊半島ツーの…おしり ? are you gonna go my way ?


この道を行けば、何処へ行くのか。
危ぶめば、道は無い。
危ぶゅまざれば、道は有る。

さぁ、一歩を踏み出せ。
その一歩が、道と成り、
その一歩が、道と成る。

迷わず行けよ・行けば分かるさっ!




コレは、お馴染み、アントニオ猪木・引退時のマイクパフォーマンスのクライマックスです。。。大体こんな感じだったと思います。
ホントは、全文ご紹介したい所なのですが、何しろ・この話、

「ヒトは、前へ進む事を止めた時、挑戦する事を止めた時、老いて行く物なんだなぁ…」

と、猪木らしからぬ、弱気な精神論から始まり、

「思えば、右も左も分からぬ一人の少年が…」

という、年寄りの回想文の様に展開して行く為、長い長い。。。
その長い話を大体憶えているオイラもまた、アレなんですけどっ。。。



紀伊半島ツー・二日目。



折角なので、半島一周とかしときたい所ですが、他にも目的が有るし。
第一の目的は果たしたので、先っぽから上に向かって行って、「半島半周」という中途半端な感じのコースにしましょ。

いや?、紀伊半島、特に和歌山、どこ走っても・絶景!素晴らしいです。
山・川・海、美しい自然がいっぱいでした。

写真。。。

吊り橋を見つけました。神ワザの・セルフ記念撮影。。。

乗っかってみるとこんな感じ。

05_10_09_kihantou04.jpg




、、、なんつって遊んでた時は、まだ・良かったのですよ。

半島のド真ん中辺りを先っぽから北上するコースは、とても険しい道でしたっ。
道幅はクルマ一台分、舗装はボコボコ、落石したらしい岩がゴロゴロ、おまけに雨も降ったらしく、路面も濡れ濡れ。。。

途中、すれ違い様に声を掛けてくれた、丸太を積んだトラックの運ちゃん。

「どこまで行くの?この道じゃ行けないよ?この手のバイクじゃちょっとねぇ。山が好きならイイけどぉ。この先もっとヒドくなるよ?気を付けて!」

ヤバい。。。ちょっと走れば脱出できるんじゃん?と、お気楽に構えていたが。。。

オイラのマスィーンと、オイラのウデでは、全然スピード出せませんっ。
気が付けば、給油もしてなかった。。。

いや、もう、ホント、、、コレ、もう、、、もう・イイです。。。うまく説明できないんで。。。とにかく苦労したってコトでっ。。。



んんで、思い出したのが、冒頭の猪木引退コメント。

「この道を行けば、何処へ行くのか」

行き先は分かってるんスけど。。。

「その一歩が、道と成る」

道はあるんスけどね。。。

「行けば分かるさっ!」

いいだけ走らされた後、「通行止め」って、、、!?



んま、そんな感じで、険しい道を・あっちへこっちへ、殆ど一日中・走ってましたっ。







「良い経験をした」としておきましょう。(←無事・走りきった場合限定のポジティブシンキン。)
↓ぽちりっと、ご祝儀・お願いしますっ。

人気ブログランキング

# かつて、ジャズ・ギター・プレイヤーのジョー・パスは、麻薬中毒で服役・療養中に一生懸命ギターを弾き、復帰後、「ヴァーチュオーゾ(名手、名人)」という名盤を生み出し、名実共にヴァーチュオーゾとあだ名されるに至りましたが、我が「おしり」は、復帰後も何ら変わりなく、テキトーにやってますっ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おおおっ
こんばんはーヽ(´ー`)ノ

なんだか更新が早くなったですねぇ
そうですか、紀伊半島は絶景ですかぁ(*´∀`*)

でも、あんまり険しいのはイヤですねぇ(´・ω・`)
2005/10/19(水) 18:57:08 | URL | u-hi #-[ 編集]
楽しそ~
こんばんはー
橋からの写真怖いっすなー。
橋での写真を見る限り、オフ車が似合う場所っぽいですね。
ちなみに自分も前に榛名山からちょっと横道にそれたら凄い場所に入ってしまって、ガソリンも切れ掛かり、「ここでのたれ死にしたくないよ・・・」(大げさ)って思った事がありますw
2005/10/19(水) 21:41:24 | URL | kind #KwZbu31Y[ 編集]
>u-hiさま
お今晩はっ。

ホントに、景色の良さは・文句無しですよん。
でも、普通に海岸線で半島一周コースの方が早かったかも知れなかったですっ。
また行きたいニャー。
2005/10/19(水) 22:30:06 | URL | ita #Gq1ct6Q6[ 編集]
>kindさま
こんばうわー!

あんなに険しい道は初めてでしたっ。
たま~にある民家の位置を頭にインプットしたり、食料の残りを思い出してみたり、大ざっぱなマップルではイマイチ分からない現在位置を、走行距離と方角からイメージしてみたり。。。
頭の中はサバイバルモードでしたっ。
ドキドキしながらも、楽しんでいたりしました。
なので、猪木さんの言葉を思い出した次第でして。。。
2005/10/19(水) 22:51:02 | URL | ita #Gq1ct6Q6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。