バイカーの…おしり
こっそりと帰郷ちう。。。w
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
続・『キャンプツー!』へ行く為に…
え?、実は…
あるスジからのご要望で。

キャンプ初心者へ向けてのナンやらカンやらを
教えて欲しいと。

自分で調べなさい…つーところですが
ネタの無くなる梅雨どきですから
ま、わかる範囲で、程々に、と。

云うコトで、昨日の続きを。。。


昨日のお話は、お気楽キャンプならば
安っすい道具でも別に平気っスよ、つーコトでした。



調理に使うバーナーもブランドや性能にこだわらず、
ちゃんと使える物なら充分、とするならば
やはり、ホームセンターやディスカウント屋さんで
2?3千円で買えたりします。



寝袋も、
夏しかキャンプしない。寒い所へは行かない。
と云うのならば、安物で充分。
キャンプ地によっては、
タオルを一枚掛けとけば大丈夫な場合もありけり、ですよ。
ただ、注意しなければならないのは、
場所によって、昼夜の気温差が大きいことがあるコト。
特に山のほうでは真夏でも
夜の気温は10°C以下になることがあります。

そう云う意味では、寝袋は
慎重に選ばなければならないモノなんですが…
健康に関わりますしね。
ですが、高価な物を買え、と云うワケではありません。
使う状況に適したものを選びなさいよ、と云うコトですよん。

例えば、
夏に関東辺りで、更に、山のほうへは行かない、
と云う条件ならば、どんな安物でも大丈夫でしょう。
千円か2千円で買えますね。
将来、もっと色んな状況でキャンプしたい派の人は
その時のコトも考えて
より性能の良い物を、と云うコトになります。



だんだんメンドクサくなってきました。
いちいち説明するのが。。。



キャンプに必要なモノってのは
状況によって違うものです。
人によっても違いますしね。



いちおう、テント・バーナー・寝袋、の三つ、
安く上げるならば、1万円以内で収まりますですよ。

さらに、オークションやらフリマやらでもっとお安く…
ってのもありけり。



でもねぇ、、、
あんまりセコい感じになると…なんか、
寂しいかもよ。。。?










'06・夏のキャンプツー!』参加者・募集ちうですよん。
どんどんご参加くださいませー!

そして、こちらもよろしければ、ぽちりっ↓と。

人気ブログランキング

# 只今、「おしり」では「?KGB」のエイジェントを募集ちうです。入部試験も会員登録も何もありません。通りすがりに情報提供していただいて、「自分は?KGBだっ」と云い張ってっ下されば結構です。

現在募集ちうのKGBエイジェントは…

オススメのキャンプ場を調査する「キャンプ場KGB」。
全国の花火大会の予定を調査する「花火大会KGB」。

…のふたつです。
ま、冗談ですけどっ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。